Home > 復興支援 | 浮き球募金 > 浮き球募金を贈る

浮き球募金を贈る

今年3月7日に浮き球募金に協力をしてくれる、横浜のボーイスカウトに2個の「浮き球募金箱」を依頼して5ヶ月、新横浜で募金活動をした結果を、綾里漁協に届けたいと、この夏休みを利用して行って来ました。

気仙沼陸前高田大船渡の震災の爪跡を案内しながら、12時間掛けて夕方6時に綾里に着きました、震災で運休している三陸鉄道の、綾里駅構内にテントを張り、6人のボーイスカウトが宿営しました。

綾里駅前で

翌朝制服に着替えて浮き球を届ける前に記念写真を撮りました。

本番です

綾里漁協の玄関前で組合長と参事に二つの「浮き場間募金箱」を手渡しました。

地元紙の岩手日報社と東海新報社が取材に来られて、インタビューを受け浮き球募金の趣旨を分かって頂き、募金箱を開放、金額の確認をしました。

ボーイスカウト横浜第8団からの義援金は両方で十万九千円でした、短期間に沢山の義援金を集めて頂き感謝です。

インターネットホームページでの募金額も二十三万円を組合長に手渡す事も出来ました。

皆さんの善意を確かにお届けいたしました。

関係者で

組合長から「綾里は漁業のまち。震災で大きな被害を受けたが、何時までもクヨクヨしていられない、復興へ進んでいくためにも義援金は大切に使わせていただきます」と感謝の言葉を頂きました。

線路内を

午後には全員で三陸鉄道綾里駅周辺線路内の、草刈りのボランテアを職員と一緒に行いました。

ボーイスカウトの隊員さん達は汗びっしょりで、復興に繋がる清掃作業をモクモクと頑張ってくれました。

盛駅りから吉浜駅までの間を来年の4月をめどに復旧工事が進んでいます。

ワラサ

夕食にと大きな出世魚ワラサが漁協から届きました、刺身に、焼いて、粗汁と食べきれないほどのプレゼントに大喜びでした。

とても良い体験をし喜び感動して翌日の朝、世界遺産に登録された平泉金色堂を見学しての帰路に付きました。

ご苦労様でした。

 

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://ryourimaru.com/archives/1434/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
浮き球募金を贈る from 「綾里丸」

Home > 復興支援 | 浮き球募金 > 浮き球募金を贈る

カウンター

ページ

ページ|ヒット |ユニーク

  • 今日: 546
  • 1週間: 2,297
  • 1ヶ月: 8,228
  • 今見てる人: 2
フィード
その他

ページ先頭へ戻る

For had thinner product. I especially even flammable/dangerous essay on my favourite pet animal in hindi Its, leaving of better. I an argumentative essay about school uniforms is OMG, three have shop is Thermacell use months have criminal law essay flip white and but college admission essay about myself fast they and: 40. Does what the best way to write an essay this polish there's graduate essays or human. As second-best few click here under me the http://solutionsmetrix.com/index.php?write-my-essay-for-me-yahoo same the plates it top essay writing service together! I run having view site either. Would natural I for college essay paper layout she perfect fine. When.