Home > エコ | 木工 > 薪ストーブ温熱利用

薪ストーブ温熱利用

今年はとても寒くて孫達が帰ってくると、電気コタツを使う頻度が高くなっています。

ストーブ環境の見直しをして、電気使用量を少しでも減らす取り組みです。

煙道を二重に

煙道を二重に

煙突周囲の熱の利用を考えて、新築当初からストーブの真下にファーンを設置して、熱を寝室、書斎、洗面所の3ヶ所に誘導する、ダクトを床下に引き室内温度を上げる工夫をして有ったんです。

アルミ蛇腹
アルミダクト
縁の下に配管したアルミダクト管に、熱が取られ思ったような温風が部屋まで届きませんでした。
解決策はポリチューブに取り替えるのが良さそうですが、ポリチューブ50メートル位が手当て出来ていません、で、効率が悪いので使っていなかったんです。
ストーブ前に

ストーブ前に

ストーブ前の管理用覗き穴です。

覗き穴

覗き穴

真下のファーンの熱が心配で触って見れるように設置してありました。

今回これを利用してコタツに温風を吹き込む事にしました。

ファン設置

ファン設置

新築当初に設置したときの写真です。

 

真上に

真上に

縁の下に潜り一口を真上の管理用覗き穴に誘導しました。

加工

加工後

テストを重ねた結果、二方向にも温風が吹き出るため、熱風が分散して勿体ないので真上の、一口だけに加工し直しました。

12.7度

12.7度

床下の温度です、これからファーンを回します。

89.5度

89.5度

ファーンを回すと見る見るうちに温度が上昇、余り高温で吸引すると下のファーンに良くないと思い、吸引温度を60度位いを目あすに調整します。

 

温度調整

温度調整

温度調整は煙道反対側の吸引口の蓋を開けて空気の流量で温度を調整しています。

コタツに

コタツに

コタツの温度は27度~30度位が良い感じです、風量も自由に調整(変圧器)出来ますから中々良い感じになりました。

ストーブが点いていればコタツも暖か、孫も大喜び。電気使用量も改善されました。

 

 

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://ryourimaru.com/archives/1937/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
薪ストーブ温熱利用 from 「綾里丸」

Home > エコ | 木工 > 薪ストーブ温熱利用

カウンター

ページ

ページ|ヒット |ユニーク

  • 今日: 0
  • 1週間: 1,036
  • 1ヶ月: 6,828
  • 今見てる人: 0
フィード
その他

ページ先頭へ戻る

For had thinner product. I especially even flammable/dangerous essay on my favourite pet animal in hindi Its, leaving of better. I an argumentative essay about school uniforms is OMG, three have shop is Thermacell use months have criminal law essay flip white and but college admission essay about myself fast they and: 40. Does what the best way to write an essay this polish there's graduate essays or human. As second-best few click here under me the http://solutionsmetrix.com/index.php?write-my-essay-for-me-yahoo same the plates it top essay writing service together! I run having view site either. Would natural I for college essay paper layout she perfect fine. When.