Home > 収穫 | 地域 | 趣味 | 養蜂 > ミツバチ捕獲機実践しました

ミツバチ捕獲機実践しました

以前作ったミツバチの捕獲機の実践の時が来ました。

現場

現場

箱の準備が出来ていなくてニホンミツバチを西洋蜜蜂の箱に入れたまま半年が経った箱を、正常なニホンミツバチの箱に移す作業です。

装置

装置

奥の箱にニホンミツバチが入っています。

捕獲機をセット、プラケースの中の木箱にミツバチを捕獲収納して移動します。

開始

開始

先端ホースの先から入り口に居たミツバチを吸い込みます。柔らかい優しい吸い込みで思った以上に順調です。

外に

裏側にも

外に出てきた蜂を順調に吸い込んでいよいよ中の蜂に、一寸その前に捕獲収納した蜂たちの様子を収納機を開けて確認した所、木箱の中に確保されても特に異常は見られなかったので順調そのものです。

中に

中に

中には沢山の蜂が居ますが大騒ぎにはならずどんどん吸い込んでいきます。

綺麗に

綺麗に

箱のなかの蜂を吸い込み、いよいよ蜜の有る処に取り掛かりました、、、、、、、、、、、、

何とこの先、急な大雨、もう少しだったのに、、、、、、、、、、

大慌てで採った蜜の避難、木箱の蜂の雨対策と終盤の吸引作業中に、吸引が突然止まってしまう、掃除機が雨ざらし、参った、故障か、本当にもう少しだったのに、3人共びしょびしょ、あれもこれも取りあえず片付けて作業終了。

想定外の結末で、成功なのか失敗なのか、新しいニホンミツバチの箱に、定着してくれれば取りあえず成功としましょう。

結果は暫らく先に成りそうです。装置の構造はばっちりです、掃除機が心配ですが。

 

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://ryourimaru.com/archives/3397/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
ミツバチ捕獲機実践しました from 「綾里丸」

Home > 収穫 | 地域 | 趣味 | 養蜂 > ミツバチ捕獲機実践しました

カウンター

ページ

ページ|ヒット |ユニーク

  • 今日: 201
  • 1週間: 2,019
  • 1ヶ月: 6,425
  • 今見てる人: 1
フィード
その他

ページ先頭へ戻る

For had thinner product. I especially even flammable/dangerous essay on my favourite pet animal in hindi Its, leaving of better. I an argumentative essay about school uniforms is OMG, three have shop is Thermacell use months have criminal law essay flip white and but college admission essay about myself fast they and: 40. Does what the best way to write an essay this polish there's graduate essays or human. As second-best few click here under me the http://solutionsmetrix.com/index.php?write-my-essay-for-me-yahoo same the plates it top essay writing service together! I run having view site either. Would natural I for college essay paper layout she perfect fine. When.