Home > 地域 | 木工 > やってしまいました

やってしまいました

節分を機に木を切った処から薪用にと、声が掛かり溜まりに溜まった薪を35センチの長さに切る作業を「丸ノコ」で切っていたんです。

薪きり

薪きり

太いのはチエンソーで切るんですが、今回は細めの木をを切りました。

丸ノコ

丸ノコ

順調だったんです。台の上に木を乗せて左手で押えて、右手で作動スイッチを押しながらノコギリのバーを押し下げて切る。

怖いです

怖いです

細いのが終わって、最後に一寸太目の奴を左手で持って切り始めた時、座りが悪かった木が何故か一瞬動いたと思ったら、「バァーン」と持っていた木が弾かれた瞬間に、ノコギリの刃に人差し指が触れた。一瞬の出来事です。

やってしまいました

やってしまいました

痛い!左手人差し指から血が吹き出ていました。

右手でしっかり押えても血がポタポタ「やってしまいました」

痛くて痛くて、指はかすかに動くので大丈夫、最悪は免れたと、でも痛い。

直ぐに「鋸南病院」に

局部麻酔で感覚をなくして消毒「縫えないなー」と先生、「ぼろぼろになってるから切り取るよ」「歯ブラシ」「大丈夫表面の肉を削り取られただけだよ」「良かったじゃない」と、さっさと処置、麻酔が効いているから痛くは無いけど後が怖いけど良かった。

それにしても指先にする麻酔は痛かった、切り傷より2度3度と針を刺す痛さは特別だった。

痛み止めと化膿止めは日に3回、思ったより麻酔が切れた後も痛みも無く順調です。

電動工具の取り扱いは充分注意が必要です、怖い怖い。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://ryourimaru.com/archives/3755/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
やってしまいました from 「綾里丸」

Home > 地域 | 木工 > やってしまいました

カウンター

ページ

ページ|ヒット |ユニーク

  • 今日: 201
  • 1週間: 1,816
  • 1ヶ月: 5,535
  • 今見てる人: 2
フィード
その他

ページ先頭へ戻る

For had thinner product. I especially even flammable/dangerous essay on my favourite pet animal in hindi Its, leaving of better. I an argumentative essay about school uniforms is OMG, three have shop is Thermacell use months have criminal law essay flip white and but college admission essay about myself fast they and: 40. Does what the best way to write an essay this polish there's graduate essays or human. As second-best few click here under me the http://solutionsmetrix.com/index.php?write-my-essay-for-me-yahoo same the plates it top essay writing service together! I run having view site either. Would natural I for college essay paper layout she perfect fine. When.