Home > 太陽光発電

太陽光発電 Archive

研究体験発表会

来週15日に生涯大学の「25年度研究体験発表会」に園芸科6班から私がすることになっていました。

園芸科、陶芸科、福祉科、生活科から9名の発表者が決っています。

発表内容は研究、体験何でも良いので、好きな事を発表すれば良いことになっているそうです。

持ち時間は一人15分を目安で機材はパソコン、プロジェクターを使っての発表です。

パワーポイントを使いやっとこさ発表資料がまとまりました「我が家のエコ対策」です。

自分で好き勝手にやって来た事が、体験として発表する機会を頂いたのは良いんですが、自己満足の塊ですから、あれもこれもと、ついつい長くなって何回も吟味したんですが短くするのは難しいです。

29画面15分では収まりそうもありませんが、端折って20分は掛かりそうです、これで発表に望みます。

発表後に資料全てをアップ出来れば良いかと思っています。

 

太陽光発電の恩恵

太陽熱温水器に夢中になって居る間、発電の方のアップがおろそかになってしまいました。

今日節目のデーターが表示されました。

節目のデーター

節目のデーター

発電から2年8ヶ月で発電電力量が27000kW・h、その総発電量の内訳が、消費の18094kW・h、売電量が20445kW・hになります。

夜間や発電不足による買電量は11539kW・h、我が家の電気使用量は消費電力量と買電電力量を合わせた29633kW・h、月平均で1058kW・hとなります。

太陽光発電の恩恵を受けた現在の電気使用量は月平均447kW・hですから58%減の使用量で済んでいます、有り難いことです。

こんなデーターも

こんなデーターも

地中温暖化防止に貢献したCO2換算量が出ています。

このデーターも

このデーターも

石油換算量でも出ています、

太陽光発電量を石油に換算すると、6129Lにもなるとは太陽の恵みはたいしたもんです。

 

自作太陽熱温水器今までに無い一工夫した温水設備を

我が家の太陽光発電は予想どおり理想的な稼動を続けています。

光の次は熱の利用です、太陽の恵みを最大限利用した懸案の「太陽熱温水器」の自作です。

理想的な使い勝手を重視した構造で、今までに無い一工夫した温水設備を考えました。

太陽熱温水器を作る目的は、お風呂のお湯に利用するだけではなく、露天風呂を作る湯船の石を暖める事が最大目的です。

 

岩風呂は湯船に溜める段階で石を暖めなくてはならず、ガス給湯器でのお湯は光熱費の高騰に繋がります。

冷めるのも早く、追い炊きの効率も悪い事、これを解消する為には、太陽熱温水器の熱いお湯で、石を暖める事が是非とも必要です。

 

一般家庭に岩風呂の設置が無い(温泉場を除いて)のは化石燃料で石(湯船のお湯)を温めるには、コストが掛かり過ぎる為ではないかと思います。

ネットで手作り太陽熱温水器を探しましたが、私が考えている「これだ」と言うのが見つかりませんでした。

 

一般的に次のような手順で温水器を使っている方ばかりです。

1.温水器のバルブを開けてお湯を湯船に出す。

2.温水器のお湯が出なくなったらバルブを止める。

3.屋根の温水器に水道水を入れる為に水道のバルブを開ける。

4.屋根の温水器から満水のオーバーフローした水が流れ出て来たのを確認して水道水を止める。

この作業を繰り返す。

温水器への水道給水と満水の確認方法が納得いかないのです。

温水が出なくなるまで待って、オーバーフローの水が流れ出るまで待つ、この待機時間が気に入らないのです。

 

1.温水器のお湯のバルブを開け湯船に出す。

2.満水になったらバルブを止める。

温水器には自動的に水道水が出て満水になったら自動で止まる。

*使う時には常に満水の温水器からお湯を取り出せる。

この様にしたいんです。

 

自動的に水道水を開閉する機能は、トイレの水洗フロートを使って、自動で出て自動で止まるタンクを利用すれば簡単です。

問題は自動で温水器に冷たい水道水が入る為に折角温まった温水が薄まる事です。

「温水が薄まる」

 

これを指摘する方もいました、その方は以下のように話されています。

 「この構造にするにはちょっと複雑で、お金もかかるのでもっとシンプルな構造にすることにしました」

この「温水が薄まる事」を解決すれば最良のシステムかと自信を抱きました。

実用新案を取りたい位です(冗談です)、シンプルで目からウロコの傑作だと思います。

自信を持って自作に取り掛かる事にします。

多くの方が塩ビ管の100㍉径での自作をしております、私も4㍍の長さの物8本と、問題解決の機能を持ったもう1本で作る事にします。

これから順次自作に取り掛かります、その都度写真を添えてアップします。

露天風呂は後発になりますが夏場までに完成させたいです。

初ブログ

早いです。

年が明けてもう4日が過ぎました。

何はともあれ今年も宜しくお願いいたします。

 

赤いイスに

寒い年末からまたまた寒い正月を迎えストーブの前に居る時間が多いです。

有り難い事に燃料の薪は豊富ですから、どんどん燃やして家中を暖めています。

暖房器具のエヤコンは孫の寝る部屋は使っているようです。

電気料金の年間使用量も確定しました。

東京電力からの電気代は年間158,788円(月平均13,230円)昨年より19,380円(月額1,615円)多くなりました。

購入量で見ると年間5,474kW(月平均456kW)です、節電意識不足かもしれません。

太陽光発電の方は年間11,319kW(月平均943kW)自家消費は8,102kW(月平均675kW)でこの自家消費分を東京電力から購入となると大変な事です。

我が家の電気事情は太陽光発電と薪ストーブが無ければ、とんでもなく家計を圧迫する事になって火の車、破綻していたかもしれません。

売電金額も年間415,244円(月平均34,600円)でローンの返済月額33,154円を辛うじて賄って年間17,396円の預金が出来ました。

 

 

 

発電節目

9月10月の発電はローンを払ってトントンでした。

11月に入っても発電量が少ないです。

そんな中節目のメッセージが出ました。

1年と11ヶ月で2万1千キロの発電量、太陽光発電も月当たり900キロ平均の発電が見込める事が解りました。

少ない月が有っても年間では結果オーライの採算のようです。

順調です

 

太陽光発電

暫らく報告していませんでしたが太陽光発電は順調です。

月33000円のローンを払って毎月余剰金が1000円強出ています。

節目

昨日19000kWの節目の表示がありました、昨年1月から1年と九ヵ月、月1000kWの発電があったことになります。

売電額は実に68万円に、この間太陽光発電からの消費は12000kW、東電からの購入電力は8000kW、本来なら我が家は、この間東電から20000kWの電力購入が必要だった訳ですから、家計から見ても太陽光発電は我が家の救世主です。

太陽光

12ヶ月のデーターが出ました。

12ヶ月の発電量は11,488kW

消費量は6,876kW

売電量は8,517kWでした、金額にして408,816円になります。

設備費用のローン12か月分は397,848円ですから、かろうじて19,968円の益が出ました。

太陽光で設備費用を賄なえるなんて凄いですよね。

設備当初の予想通りの結果が出て良かったです。

この実績が10年間続くといいんですが?

ただここに来て東電がらみのニュースが、太陽光発電を設備した側からすると、金額が大きければ大きい程、心苦しさを覚えます。

自然エネルギーの活用でエコ対策を実践したのに手放しで喜んでもいられない心境です。

 

太陽光発電

12月の検針は太陽光発電から11ヶ月目の検針です。(検針日12/22)

発電量は815kW累計で10678kW1万kWを超えました。

売電当月量は520kW、累計で7850kWと現在までの月平均値733kWを下回っています。

屋根の向きが東南に向いていますから冬場の今は、夕方4時には日がかげり、発電するだけの太陽光がパネルに届きません。

売電金額にして25000円、ローン代金はこのところ3ヶ月賄えておりませんが、3月から9月の7ヶ月間の貯金で、ローン代金を賄い累計で12000円ほどプラスとなっています。

この分で行けば年間ローン総額397848円は賄えそうです。

節目のメッセージ

パネルに節目のメッセージが出ました。

総発電量が11000kW、

消費電力7200kW

売電量8370kW

買電量4550kW・・・・・・前年買電量は8900kWでしたから約半分で済んだ事になり、かなりの節電効果がありました。

 

発電今月分

太陽光発電の今月売電分は656kwh31,488円でした。

ローン支払いには1,666円不足でした。

10ヶ月経過累計では20,300円のプラスです、丸々1年には12月分と1月分の2ヶ月ですが何とかいけそうです。

太陽光発電量

10月は日照時間が短かった様です、確かに晴天は余り続かなかった様に思います。

太陽光の発電に即響きます、発電量は793KW、売電は552KWでした。

今月はローンの支払い後の金額が、マイナス6,658円で短月は赤字でしたが、まだトータルでは21,966円の黒字です。

CO2換算量データー

今までの太陽光発電量をCO2に換算すると2893.3kg-CO2だそうです。

CO2の削減に貢献したとの数字でしょうが、この数字がどれだけの物か良くわかりません。

石油換算量データー

石油に換算すると2088.4Lだそうです、この数字は何となく分かります、石油を2000L使った分だけの量を、発電した事になると、解釈して良いんでしょうね。

自然環境にどれだけ貢献したのか良く分かりませんが、まぁー良かったんでしょう。

 

 

ホーム > 太陽光発電

カウンター

ページ

ページ|ヒット |ユニーク

  • 今日: 0
  • 1週間: 0
  • 1ヶ月: 817
  • 今見てる人: 0
フィード
その他

ページ先頭へ戻る

For had thinner product. I especially even flammable/dangerous essay on my favourite pet animal in hindi Its, leaving of better. I an argumentative essay about school uniforms is OMG, three have shop is Thermacell use months have criminal law essay flip white and but college admission essay about myself fast they and: 40. Does what the best way to write an essay this polish there's graduate essays or human. As second-best few click here under me the http://solutionsmetrix.com/index.php?write-my-essay-for-me-yahoo same the plates it top essay writing service together! I run having view site either. Would natural I for college essay paper layout she perfect fine. When.