Home >

縁 Archive

田植え済みました

投稿が遅れましたが田植え終りました。

7日予定が8日になりましたが植えることが出来ました。

んhhy

2条植え

友人の三瓶さんの出番です、大型の機械は潜ってしまうので入れません、行ったり来たり田んぼの中を歩くのは大変です。

jjkkm

悪戦苦闘

何でもターンする時に片方の車輪を止めるクラッチが無い為、体で無理やり回転する事になり何回も何回も悪戦苦闘の作業です。

私にはとても出来ません、せめて順調に苗の補充が出来る様に苗を運ぶ仕事に精を出しました。

植え終ってから肥料36キロを、一回に6キロを背負って、田んぼの周りを6周、送風機で満遍なく撒きました、今年は水漏れが止まって良い感じです。

代かきに来てくれました

ご自分の田んぼの準備が遅れたそうで、私の処にしわ寄せが来ました、ギリギリ作業に来てくれました。

綺麗に

綺麗に

鏡のように綺麗に均してくれました、今日から一週間ですから7日に田植えの予定に成りました。苗は5日に取りに行きますがまずまず準備が出来ましたから一安心です。

 

 

来年の予定が

切り落とした枝の、後片付けに友人が来てくれました。

畑で

畑で

落とした枝を畑に運び燃やす事にしました。

枝打ち

枝打ち

土手下に落ちた枝は運びやすくするため枝打ちして運びました、大物は別として午前中でほぼ片付きに目処がつき、先のイチョウの枝がうっとうしいと言うことになりました。

来年のつもりが

ここだけ切ろう

来年のつもりが目障りな枝を午後から下ろすことになりました。

枝先から

枝先から

道に被っている枝に2連梯子を架けて先端の枝から落としていきます。

ここで休憩

ここで休憩

被っていた枝を切り終えました、車が通るといけないので片付けながらの作業です。

太い枝を

太い幹を

被っていた太い幹も切り落としました、またまた道に枝か散らかりました。

本当に今年はこれで終わりにします。

溝に落ちた太い幹はまだ上がりません、もしかしたらこれが一番大変かもしれません、頑張ります。

伐採大仕事

第2回目の伐採作業に取り掛かります、友人にお手伝いをお願いして挑戦です。

作業開始

作業開始

前回の伐採作業で手前のイチョウを切りました、次が山桜これは残す事にして、梯子をかけたケヤキを切ります。

ケヤキ

ケヤキ

幹4本のケヤキです、順番を考えながら切り倒します。

上手くいっています

上手くいっています

2本共上手く切りました、3本目の切り倒す瞬間です相方のジャストシャッターです。

完了

切り方完了

次のケヤキも切りました。

溝に

溝に

反対の溝側に倒しました、ここから上げるのは大変ですが仕方ありません。

予定通り

予定通り

道側からこんな感じになりました、梯子が掛かっているイチョウはとても大物です、来年切ることにして今年はここまでとします。

借りた畑に日が差す面積が多くなります、うっとうしさがなくなりとても明るくなりました。

イノシシ燻製

イノシシが捕獲され解体作業を手伝って、今回は半身頂いて来て燻製を作る事にしました。

味噌作り、温泉スキーの仲間です。

今回は男ばかり、それぞれが自家製燻製器を持ち寄って、特長の有る燻製器が4台も集まりました。

ずらり

ずらり

一斗缶を利用した物、バケツを重ねた物、りんご箱を工夫した物、ベール缶2段重ねの物と、様々な燻製器が揃いました。

チーズ

チーズ

チップは桜の木、高温になりにくい燻製器に卵、チーズ、サーモンを入れてモクモクモクこれは大成功。

気を使って

気を使って

肉はそれぞれの燻製器に入れて温度を見ながらモクモクモクと、結果はそれぞれ長所短所があって、焦げ過ぎたり、落ちた油の煙が出たりで、理想的な燻製器の構造に改造する事や、多機能な燻製器を新規に作る話やら、とても参考になった燻製作りの一日でした。

八幡平温泉郷

  • 2016-01-27 (水)

八幡平温泉郷3連泊4日間のツアーに行って来ました。

新幹線で盛岡まで昨年と同じメンバー3家族です。

ホテル前で

ホテル前で

昨年は我家組はスキーに参加しませんでしたが、今年は私だけ15年ぶりにスキーに参加しました。

私がパチリ

私がパチリ

午前中は八幡平リゾートホテル前の「パノラマスキー場」パウダースノーで広いゲレンデ、久し振りのスキーも快適に楽しむ事が出来ました。午後はシャトルバスで移動「下倉スキー場」にも足を延ばしました。

 

2日目は

3日目は

翌日は部屋でくつろぎスキー組みを待って午後から、秘湯・松川温泉「峡雲荘」へ、ここは又格別な温泉で日帰りするのは勿体ないくらいの大満足の温泉でした。

枝豆

7月14日に撒いた枝豆がとりあえず食べられる位に育ちましたが、新に買った種が全然ダメです。

寂しい

寂しい

この土地に合わなかったようです。

今まで岡部さんがこの土地で採れた豆の種で、繰り返し収穫して来たので新しい種に変えた方が良いかと思い、半分以上買った種にしたんですが全然だめでした。これでは枝豆で食べてしまうと、味噌作りの方の豆が足りなくなってしまいそうです。

 

隣の

奥の方

隣の岡部さんが2箇所に植えた枝豆を、食べ切れないから採って良いとの事、頂く事にしました。

こちらも

こちらも

枝豆で採り切れなかったら、そのままにして大豆で収穫する事も了解を頂きました。

これで枝豆の収穫も味噌作りの豆も昨年並みに収穫量が確保できそうです。

ソラマメ植え付け

友人からポットに撒いたソラマメを貰って、ビニールハウスの中で育種していたんです。

大小さまざまですが大分大きくなったので、大き目のポット苗を畑に定植する事にしました。

大き目の

大き目の

45センチ間隔で30個、2列で60個ほど定植しました。

残り

残り

まだ芽が出掛かったのが40個ほどあります、発芽率は90パーセント近くで、芽の出ていないのが10個余り、こんな感じでしょう。

もう少し大きくなるまでビニールハウスの中です。

干し柿

今年も干し柿の季節になり、友人から20kほど頂き125個ありました。

吊るし

吊るし

南房総では今の時期はまだまだ温かいので干し柿を作るとカビが生えてしまいます。

もっと寒くなってからの方が良いんですが、今度は柿の方が熟してしまいとろけて落ちてしまいます。

そこで問題のカビ防止に一工夫が必要です。

熱湯に20秒ほど漬けて、柿表面に付いた雑菌を消毒と同時に、柿の表面が早く乾燥する事を期待してこの一手間を掛けています。

地元の方からも渋柿を貰う事になっていますのでまだまだ作ります。

今年も上手く行きますように。

オールドヒッコリーのピザショー

  • 2015-10-10 (土)

今は日本に帰って来ている、ニュージーランドで知り合った方のお家に、ニュージーから友人が訪ねて来ました。

私もお世話になった方なので町田で再会する事なり行って来ました。

昼食をオールドヒッコリーのピザをと出掛けました。

ショーの始まり

ショーの始まり

偶然ショータイムです、美味しいピザを食べた後に、ピザ生地を回転させて薄く大きく広げる、パホーマンスを披露しました。

この大きさ

この大きさ

身体がすっぽり隠れる程の大きさ、穴が開いたところでおしまいだそうです。

確認

確認

各テーブルを回って薄さの感触を体感するサービスをしてくれています。

かみさんと

かみさんと

折角だから記念の1枚。

世界ピザ大会で連続入賞した有名なピザ店でした。

ホーム >

カウンター

ページ

ページ|ヒット |ユニーク

  • 今日: 659
  • 1週間: 1,917
  • 1ヶ月: 7,606
  • 今見てる人: 1
フィード
その他

ページ先頭へ戻る

For had thinner product. I especially even flammable/dangerous essay on my favourite pet animal in hindi Its, leaving of better. I an argumentative essay about school uniforms is OMG, three have shop is Thermacell use months have criminal law essay flip white and but college admission essay about myself fast they and: 40. Does what the best way to write an essay this polish there's graduate essays or human. As second-best few click here under me the http://solutionsmetrix.com/index.php?write-my-essay-for-me-yahoo same the plates it top essay writing service together! I run having view site either. Would natural I for college essay paper layout she perfect fine. When.