Home > アーカイブ > 2011-09

2011-09

PC修理中

今日午前中に佐川便が引き取りにきる事になっています。

バックアップも息子に全てやって貰いました(遠隔操作)、後は配線を抜いて準備しておきます。

暫らくのお休みです。

PC故障

PCが故障してしまいました。

写真を撮ってもSDカードを認識しないんです。

DELLに電話して対応をしたんですが原因が分からない、との事で引き取る事になりました。

1年未満なので無償修理との事ですが、1週間から10日間位掛かり29日引き取りに来るそうです。

折角ブログも順調になり始めたのにチョッと残念です。

期間が長いので写真なしでアップして、後から挿入する事も仕方ないかなと思いましたが何も出来そうも有りません。

収納椅子

木工で手掛けている物の一つに結構大物で、お母さんから頼まれた収納付きの長椅子があります、長椅子と言うからには少なくとも3人掛けかなと思っています。

この椅子を参考に

参考品はNZから持って来たデッキチェアーです、構造はそっくり真似る事にしましたが収納部分を付加かしなければいけませんので若干頭をひねっております。

これをゆったり3人掛けに

椅子の構造はシンプルで頑丈です、そこをしっかり押さえて真似っこしていますが接続部分は多分ホゾ組になっていると思い成るべくホゾ組の加工をしています。

部材の加工済みの物で加工中の写真なしの物が大半ですが、部材写真は何枚か撮りましたので次回のアップとします。

 

心構え

息子がブログの先生です。

ブログは一度作って貰って頑張った事もあるんですが4年も前に中断したままになっています。

震災を機会に今回の「綾里丸」を最初から作って貰いました。

操作手順(アップ、写真、リンク、カテゴリー、編集等々)の手解きをして貰っても中々出来なくて、同じ事を何度も聞いてようやく一通りの事が出来るようになりましたが「ブログとしては今一」とダメ押しです。

紹介するなら結果だけでなく過程も大事、成るべく写真を織り込むようにしたらとのアドバイスです。

特に木工作業の工程写真は、有った方が良いとの事です、成るべく忘れずに撮る様にします。

反省。

木工は楽しい

木工三昧とはいきませんが木工は楽しいです。

遠心分離機の細工板を作った時に久しぶりにルーターを使い加工しました。

丈夫な木と思い堅くて重いウッドデッキ材のウリン(アイアンウッド)の廃材で作りました、仕上がりは納得の仕上がりでした。

外用の下駄箱の注文も随分前に有り棚だけ作って済んだと思っていたんですが、扉も付けてと追加注文がありそのまま中断していました。

折角作るからには少し手を加えた板戸にしょうと思い、ルーターを使って枠に溝を掘り板を嵌め込む構造にしました。

チョッといじりました

真横だけでは芸が無いと思い半分を斜めに嵌め込み若干の板目模様でアクセントをつけました。

センター部の引き出しがまだの棚板だけの靴箱

作業工程の写真がまったくありませんがこれからは成るべく写真を撮るようにします。

 

 

遠心分離機完成

遠心分離機が完成しました。

蜜入りで実験する訳には行きませんので蜜の貯まっていない板で空回ししてみました。

出力を40ワットに落としての回転でしたが、安定した回転でぶれも無く充分手応えがありました。

見た目もスッキリスマートです

実際の蜜が入ったものはもっと重量感があるものと思います、高速回転でも大丈夫そうなので後は本番で適度な回転力を探す事にします。

書き忘れていましたが遠心力での分離ですから蜜板の表面と裏面の(外に面した側と内に面した側に蜜貯まりがある)蜜を分離させるには面を内側外側入れ替えてやる必要があると思って、その事を考慮した細工板になっています。

ドレンも付けて蜜を収集するのに便利かと思います、底が平らではないので最後まで綺麗に流れ出るには少し斜めにする必要があります。

 

遠心分離機

近所の農家の方がイチゴハウスでの受粉を目的に養蜂をしているそうです。

3年ほど前からの体験で群が増えたり減ったりして中々思うようには行かないそうですが受粉用にしては充分だそうです。

蜂蜜は1度も採ったことがないとの事でしたが、充分蜜が蓄えられているのが重みで分かるそうです、冬場にはその蜜をエサとして食べてしまうので無くなってしまいます。

いつかは採ってみたいと考えていたようですが、蜜を分離する「遠心分離機」が高額で2の足を踏んでいるとの事でした。

蜜板を1枚借りて手製遠心分離機作成に挑戦する事にしました。

水道配管用の部品が使えそう

設計図などはありません閃きとアイディアで身近にある物を利用して出来ないか、2枚セットと4枚セットでも安全は保てるか、良いイメージが出来たので蜜板をセットする十文字の細工物を板で2組作りました。

十文字で2枚、4枚のセットを

上手く行く筈でしたが回転ポールに蜜板をセットした両端までの直径が56センチ、少なくとも内径60センチが必要です。

入れ物を探しましたが内径60センチの容器がありません。ドラム缶もネットで調べましたが無骨すぎて難点ありです。ステンレスで作って貰うことも考えましたが高過ぎます。

90リッターのプラ容器

プラスチックの容器を探しましたが90ℓの容器が最高で内径47センチですが値段も手ごろ蓋共で4000円です。これで考えるしか有りません。

 

十文字では駄目ですから2枚並列で考え直しました、これなら何とか容器に収まりそうです。どうやって蜜板を固定するか十文字の細工物のアイディアが参考になりました。

センターポールの両側に溝を掘りました

並列に溝を掘った2枚の板で蜜板を上下から挟んでセンターの回転ポールで固定する。

これなら十文字の時に作ったセンターポールがそのまま活用でき、原理は同じという事で事は早く進みました。

微調整に手間取りましたが思った通りの出来栄えです、回転力には電動ドリルを利用する事にしています。

良い感じにセットできました

回転が速すぎると思うのでスライドトランス(電圧調整機)で電圧を下げて回転を加減をするつもりです。2枚セットしてのテストが楽しみです。

太陽光発電採算

太陽光発電設備は成功だったのでしょうか?

総額500万円の大事業ですが決断して良かったと思っています。

設備資金は35万円で済んだからです、国からの補助金(1k当り7万円)約65万円をプラスしてローンの頭金にしました。

残金は月額33、154円の120回払い、この長期ローンを売電金額で賄って行ければ、さし当っての金銭負担は増えないものと考えております。

月額の電気使用料も対前期と比べて約60%ほどになっています、節電そして売電の効果が素晴らしいと思っています。

発電システムが稼動した2月分から項目を抜粋してみました。

売電は1KW当り48円(23年度は42円)ですから結果的に良い時に設備をしたと思っています。

8月まではトータル23,090円の黒字です。

今までの最高値です、3/27に記録しました

9.4KW多分これが最高値でしょう偶然確認できピンボケですが写真に撮ることが出来ました。(発電システムはSUNTECHです)

発電量 売電量 単価 売電金額 ローン 当月採算 累計採算
2月 769 373 48 17,904 33,154 -15,250 -15,250
3月 1,191 754 48 36,192 33,154 3,038 -12,212
4月 1,286 1,174 48 56,352 33,154 23,198 10,986
5月 1,008 980 48 47,040 33,154 13,886 24,872
6月 837 497 48 23,856 33,154 -9,298 15,574
7月 1,055 971 48 46,608 33,154 13,454 29,028
8月 1,079 567 48 27,216 33,154 -5,938 23,090

雨水利用

鋸南町は千葉県でも5本の指に入るほどの水道料の高いところだそうです。

その事を知ったのは家に住んでからでしたが、雨水を利用する事は最初から考えていました。

庭の隅に大きな穴

大屋根の雨水を地下タンクに貯蔵する為に結構大きな穴を掘りました。

庭の芝、菜園、花壇にと、庭の外周に6個所の蛇口を自分で配管しました、とても便利です。

タンク2つを接続して

地下タンクは古い五人槽(容量約2トン)の浄化槽(未使用)を水道屋さんから貰い受け設置、ポンプも中古を貰いましたので、とても安上がりな雨水利用の設備です。

 

大きな米タンクも貰えたので自重式の水タンクとして雨水を引き込んであります。

夏場の水撒きは一時間ほど掛かりますが雨水の活用なので安心して水撒きをしています。

太陽光発電

『太陽光発電』のカテゴリーを作ったのに記事が無いことに。

太陽光発電のことはエコ住宅を目指している我が家には必要不可欠と思っていましたが予算の関係で後回しにしていました。

この面に載せることに

新築から2年遅れで発電設備を設置したのが2011.1.26日です。

屋根に乗せる大事な条件は屋根の向きが南に面していればベストですが、そこから南東か南西向きの屋根なら発電量は結構期待できます。

我が家は南東向きの屋根ですから何とか発電には向いている屋根という事になります、田舎ですから太陽光を遮る物もありません。

大屋根に50枚のパネルが載りました

太陽光発電は何キロ発電するか、売電はどれ位出来るかが話題になりますが「太陽電池モジュール」が何枚屋根に乗るのかモジュールの性能もありますが枚数で大方の発電量の眼明日が分かります。

個人向け容量は最大10kW未満ですので、我が家は50枚1枚当り190WPですから9.5kWとし、10kW未満に抑えました。

一面でこれだけ載る屋根は個人住宅では最大級だそうです。

見た目設置工事は1日で終わりましたが、配線工事、東電検査等約1ヶ月間掛かりました。

毎月の電力会社からの使用量、売電量が楽しみになり意識して節電節約をしています。

これから我が家の太陽光発電のデーターを徐々にオープンしていきたいと思います、お楽しみに。

 

Home > アーカイブ > 2011-09

カウンター

ページ

ページ|ヒット |ユニーク

  • 今日: 0
  • 1週間: 0
  • 1ヶ月: 0
  • 今見てる人: 0
フィード
その他

ページ先頭へ戻る

For had thinner product. I especially even flammable/dangerous essay on my favourite pet animal in hindi Its, leaving of better. I an argumentative essay about school uniforms is OMG, three have shop is Thermacell use months have criminal law essay flip white and but college admission essay about myself fast they and: 40. Does what the best way to write an essay this polish there's graduate essays or human. As second-best few click here under me the http://solutionsmetrix.com/index.php?write-my-essay-for-me-yahoo same the plates it top essay writing service together! I run having view site either. Would natural I for college essay paper layout she perfect fine. When.