Home > アーカイブ > 2012-06

2012-06

二日目

川越を7時出発でもう一つの目的は、いきいきクラブの原点でもあるカヌー工房の見学です。

埼玉県は飯能市下名栗にある名栗カヌー工房です。

看板

外屋根の上に可愛い看板がかかっています、中に入る前からわくわくします。

工房内

本家本元のカヌー工房は物凄い工房です。沢山のカヌーが所狭しと置いてあります。

製作途中の物は大変勉強になりました。

木工細工が

あっけに取られる事ばかりで規模が違います、カヌーばかりではなく木を利用した木工細はチエンソーでの作品も目に付きます。

丸太で

遊び心の一環で丸太のカヌー造りにも挑戦中、5人乗りの超大物で、まだまだ内側を削り取る作業が続きますが、時間を掛けて楽しんで製作を続けるそうです。

超有名人

超大物皇太子殿下ご夫妻の訪問がきっかけで、この工房が一気に有名になり、活動の幅も広がったそうです。

名栗湖

眼下の名栗湖面は現在は7mも水位が下っているとのこと、そんな時でも湖面に楽々カヌーを下ろせる昇降設備が整っています。

今回の研修旅行はとても勉強になりました、今後の木工作業の参考となる物が沢山、そして造って見たい作品も沢山見つかりました。

研修会一日目

いきいきクラブのメンバーで27、28の2日間、埼玉へ研修旅行に出かけました。

富楽里前に集合

総勢8人で私の車で出発です、初日は上尾市の農業生産法人(株)ナガホリの活動とシステムそして生産工場の見学です。

耕作放棄農地を積極的に借り上げ、伐採、伐根、整地、畑として再生し年間栽培する小松菜は述べ面積120ha、年間生産量は1300tとの事です。

圃場管理表

100箇所以上の圃場の管理表はびっしり、現在の状況が表示されていました。

小松菜の生産ラインで

現在は枝豆、玉ねぎ、キャベツ、かぼちゃ、ニラ、さつまいもと多岐に亘っていますが、やはり主流は小松菜で、出荷に向けたラインでは沢山の女性が働いておりました。

労働力の確保はパートさんで150人から登録されていて、都合の良い時間帯を利用して働くことが出来るので、とても好評で朝の4時からの方も居るそうです。

社長ご夫妻も

社長ご夫妻と近くに居た社員さんと記念の集合写真を撮りました。

ナガホリの圃場がある小さな川島町の役場に情報交換と言う事で、職員との懇談もありました。

何処の町も人口の減少と高齢化による衰退に、歯止めを掛ける手段を模索し、決定打の無いまま時間が過ぎてしまう事に、危機感を感じて居るようでした。

偶然此方を

閉塞感を打開する手掛りを模索する中で、偶然我が町鋸南を、町会議員さんの視察が決っているとの事、議会事務局さんとの急な面談となり鋸南町での再会を約束しました。

時の鐘

夕方には川越まで移動、川越街道の古い街並みを散策、ちょっぴり観光気分を味わいました。

 

菖蒲園

我が家から10分の所に菖蒲園(個人の方)を紹介されました、鋸南にこんなに沢山の菖蒲が咲いているとは知りませんでした。

オープンガーデンのお話をしましたが、高齢なので参加は無理との事でした。

個人的に来られるのはかまわないとの事で自然体でオープンしているそうです。

見事な菖蒲園

管理されている方は今年はもうお仕舞いと、最盛期は過ぎたとの事でした。

ほぼ全景

大振りの素晴らしい花ばかりです、7月に入ったら株分けで譲って貰う事になりました。

案内をしてくれた方が此方の所有者様から、絶大な信頼を受けており、好きなだけお持ちなさいと私にも譲ってくれる約束をして下さいました。

植える所が無いので、鉢植えの方法を教わりました、又楽しみが増えます。

 

内山緑地建設

生涯大学の校外活動で、内山緑地建設君津グリーンセンターに園芸科6班の6人が乗り合わせの為、道の駅富楽里とみやまに集まりました。

待ち合わせ

4月入校以来、南房総市、鋸南町メンバーが親しく一台の車に乗っての移動は初めてです。

6班11人中残り5人は袖ヶ浦市出身者で向こうも乗り合わせで現地集合です。

校外授業

第35期園芸科総勢66名での見学会は、午前中徒歩で1時間半、広大な緑地内を講師の先生の案内で視て回りました。

特に印象に残ったのがタラヨウの葉、葉の裏に文字が書ける事から「はがき」の語源になったと言われる代物には感心しました。

午後は圃場見学、実生、接木の苗木の生産管理、緑化活用方法の研究、実験等幅広く事業展開をしている様子が伺えました。

 

たてやま海まちフェスタ

2艇同時進行です。

7月1日「たてやま海まちフェスタ2012」にいきいきクラブもイベントに参加します。

渚の駅エリアの荒井海岸に「手作りシーカヤック乗船体験」のコーナーを開設担当します。

一艇でも多く持ち込む為に急ピッチで2艇を仕上げています。

仕上げ作業

手前のカヌーは最後の仕上げ作業の、グラスファイバーメッシュを凝固材で貼り付け、補強と漏れ防止が目的ですが、グラスファイバーメッシュを貼る事で更に強度が増す事と、木材をカビ腐敗から守る目的もあります。

内側も全てグラスファイバーメッシュを貼ってありますり。

補正作業

グラスファイバーメッシュを貼る前の作業で凹凸をなくし滑らかに削る補正の作業です。

平らな面はカンナやサンドペーパーで張り合わせた凹凸を削り滑らかにしてあります。

このカヌーも仕上げ作業のグラスファイバーメッシュを貼り、海まちフェスタに持ち込む予定です。

当日は大船渡復興支援の販売活動も募金活動も同時進行です、いきいきクラブ本来の大イベントの準備に大忙しです。

 

種蒔

春まき草花の種蒔の実習です。

「ケイトウ」「ジニア」「センニチコウ」の3種類をセルトレーに蒔きました。

小さな種を一粒ずつセルトレーの升の中に落とします。

やる方も視ている方も真剣です。

種蒔

今日の実習はとても勉強になりました。

今までポットの花の苗を買って来ましたが、これからは種から栽培してみようと思います。

 

是も面白い

是は何でしょう。

ヒントは

孫が住んでいる高層マンションです、45階建ての40階から、真ん中の吹き抜けを覗いた所ですが、右のエンビパイプがダメですね。

ビビッて居るんですね、左上に指が出ています、もう少し良い写真が撮りたかったです。

アート?

何時もは木更津の教室ですが今回は館山の生涯大学の教室での講義です。

前回は気付きませんでしたがこのモニュメントにひかされました。

面白い曲線です

良い感じのパイプアートです。

手前はカゴ

上から見るとこんな感じ、面白いです、イスとカゴがドッキング?

「パイプイス」でした、20個重ねて収納した処です。

作者は凄いです、座り心地が良く、重ねて収納が出来、キャスターで移動、アートにも「創意工夫無限界」ですね。

こんなに工夫したのが大好きです。

ぶどう棚に

一本仕立てをしているぶどう棚に雨除けのシートを掛けてやりました。

多目的

このぶどう棚は多目的な面を持っています、ネットはゴルフの練習用ネットに、孫のサッカーのゴールネットに中央のロープは孫の運手用にと大活躍です。

3年目です

渡り廊下のような狭い棚です、昨年は実が生りませんでした、やっと花芽が揃いそれらしくなって来ましたので、今年は雨除けのシートを掛けてやりました。

収穫に繋がりますかどうか、楽しみです。

お月様

孫が来て望遠鏡を出したままになって居るのを見て、興味を示し視たいと言うので、庭にセットしました。

お月様

お月様に照準を合わせ覗かせました。

くいついて

大きい、大きいと白く光るお月様を見て興奮気味です、5歳になる時期に望遠鏡を覗き、お月様を見てお空に何かを感じてくれたようです。

Home > アーカイブ > 2012-06

カウンター

ページ

ページ|ヒット |ユニーク

  • 今日: 0
  • 1週間: 0
  • 1ヶ月: 0
  • 今見てる人: 0
フィード
その他

ページ先頭へ戻る

For had thinner product. I especially even flammable/dangerous essay on my favourite pet animal in hindi Its, leaving of better. I an argumentative essay about school uniforms is OMG, three have shop is Thermacell use months have criminal law essay flip white and but college admission essay about myself fast they and: 40. Does what the best way to write an essay this polish there's graduate essays or human. As second-best few click here under me the http://solutionsmetrix.com/index.php?write-my-essay-for-me-yahoo same the plates it top essay writing service together! I run having view site either. Would natural I for college essay paper layout she perfect fine. When.