Home > アーカイブ > 2012-07

2012-07

海女まつり

南房総白浜の海女まつりが16.17日の二日間行われました。

大船渡復興支援のお店を出したんですが、初日は行けませんでした、17日は館山の本校で生涯大学の授業でしたから、終わってから白浜まで足を延ばしました。

行ってよかったです。

軒を連ねて

いきいきクラブのメンバーがお店を出し頑張っておりました。

まつりの本番は日が沈んで暗くなってからの「海女さんの大夜泳」と聞き、楽しみにして待っていたら「大船渡復興支援」の旗を見て海女さんが訪ねて来ました。

右側のJさん

私の故郷の綾里の港の「ガレキ処理の復興支援に行って来た」との事話が弾みました。

綾里に行き海のガレキを片付けてくれた人と会うなんて凄い偶然です。

本番前でしたが主役の海女さんと交流が出来て、祭りを盛り上げる大夜泳とやらが楽しみになり、浜辺の方に陣取り粛々と進行する祭りを見物しました。

海に入る海女

白装束に身を包んで列を成し、松明を持った海女さん達が海に吸い込まれていくように見えます、凄い人数です。

大きな輪に

立ち泳ぎでどんどん大きな輪に、祭りの由来は仲間の海女さんの事故を松明を灯し捜索をした事が安全祈願の祭りに発展したとの事です。

花火が

クライマックスは花火、真っ赤に夜空を焦がし、海面には幻想的な松明を灯した海女さんたちの「大夜泳」、この中にあのJさんも頑張って祭りを盛り上げくれていると思うと、感激、感動で一杯でした素晴らしかったです。

上がって来ました

肌寒く感じる浜風の中、海から上がって来ました、ご苦労様でした。

 

十王堂開帳

十王堂の16日新盆開帳にそなえて先日境内の除草清掃を世話人6人で行いました。

お堂の掃除

外が終わってからお堂内の掃除と新盆に備えての順備をしました。

新盆に備えて

私は始めての事でふき掃除を担当しました。

先人たちの行って来た手順書(写真付き)に従い確認、線香立てとロウソク立が青竹で作って利用するとの事で私が作る事にしました。

練習を兼ねて

太い太い孟宗竹を山に採りに行き、細い所で試作をしましたので4本になりましたが、下の窓に径が10センチのロウソクを入れて線香の付け火にするそうです。

 

1週間後の16日、本番新盆の送り日開帳の準備を6時から世話人で 行い万全を期してお供え物や飾り付けをしました。

提灯を飾り

提灯が下ると雰囲気が出ます。

内部の飾り

一番手前にお賽銭箱、中程に線香台、その上の両端に青竹で作った線香立てと、付け火台が収まりました。

準備は立派に出来ました、十王様は奥に鎮座しています。

集合写真

区の三役が揃った所で記念の集合写真を撮りました。

朝の6時から昼12時まで新盆の開帳を実施しました、今日の新盆で送った方は4名でした、8月は旧盆15、16日の二日間の開帳をするそうです。ご苦労様でした。

 

結婚式

久々に結婚式に出席して来ました。

結婚式

ニュージーで一緒だったマッキーが結婚式をK2ビルの「ジャパニーズゴスペルチャーチ横浜」で挙げました。

二人はクリスチャンで東京聖書学院の卒業生です。

お幸せに

マッキーはオーストラリアで、英語での神学校も卒業しています。

牧師として本格的な働きが始まります。

市営バス

みなとみらいの披露宴の会場までの移動は、2台の横浜市営バスが待っていました。

こんな使い方が出来るんですね、驚きました。

コロスタ

披露宴でのコロンブススタッフ一同が祝福、壇上での記念写真です。

おめでとうございました。

 

7回目の募金

館山のイベントを終わって自宅で荷物の整理をしていたら「こんにちは」と声がしました。

Hさんです、遅くなったけど先月分、と封筒を差し出されました。

謝意を伝えると「今年一杯はやる積りですから」と12月までは続ける意思を話されました。

車の中には奥様がニコニコ顔で「現地には行かれませんので」と頭を下げて宜しくお願いしますと。

想いのこもった募金を又預りました、いつも何時も有難うございます。

たてやま海まちフェスタ

館山市の「海まちフェスタ2012」が開催されました。

いきいきクラブは8艇のシーカヤックを持ち込んで乗船体験の準備に大忙しです。

乗船順備

10時からの開催も順次お客さんも増えて、ジャケットを着てもらい順番待ちが出るほどの活況ぶり。

奮闘中です

砂浜からの出廷は力仕事、乗船体験を希望した親子連れがとても多かったです。

午前中の集計は58人、8艇のうち6艇がフル稼働です。

楽しんで戴きました

薄曇の天気の中、特に時間規制は無かったんですが約25分間くらいの体験乗船でした。

お店も出しました

私の担当は物品販売と募金活動、此方の方は余りお客さんの入りは良くなかったです。

市職員が受付を

広い会場の中のメーン会場は大きく二つのエリアで自衛隊側エリアと渚の駅エリア、私達の処は渚の駅エリアの一寸離れた砂浜で乗船目的の方ばかりで買い物は今一でした。

桟橋の先端に

渚の駅エリアの桟橋先端に、海上自衛隊の「多目的支援艦えんしゅう」の見学が出来るとの事で、行って来ました。

えんしゅう

多目的支援艦の主な任務は災害派遣・物資の輸送支援・艦船のえい航・訓練支援と沢山の目的を持った艦船です。

艦船デッキで

この度の3.11の震災にも大いに活躍をされたそうです。

セグウェイの体験

大学生グループがセグウェイの体験コーナーを開いていました。

私も体験乗車をさせて貰いました、とても快適で楽しい乗り物です、最高時速は40キロ位出るそうです。

説明を含めて10分程度、申し越し長い時間乗りたかったですが、体験ですから仕方ありません。

記念撮影

3時終了「ご苦労様でした」。

館山市の職員が集計結果を発表してくれました、「体験乗船された方は155人でした」大盛況、大成功でした有難うございました。

来年も宜しくとの事です、大変喜んで下さり此方いきいきクラブメンバーも、満足のいくイベントでした。

Home > アーカイブ > 2012-07

カウンター

ページ

ページ|ヒット |ユニーク

  • 今日: 0
  • 1週間: 0
  • 1ヶ月: 0
  • 今見てる人: 0
フィード
その他

ページ先頭へ戻る

For had thinner product. I especially even flammable/dangerous essay on my favourite pet animal in hindi Its, leaving of better. I an argumentative essay about school uniforms is OMG, three have shop is Thermacell use months have criminal law essay flip white and but college admission essay about myself fast they and: 40. Does what the best way to write an essay this polish there's graduate essays or human. As second-best few click here under me the http://solutionsmetrix.com/index.php?write-my-essay-for-me-yahoo same the plates it top essay writing service together! I run having view site either. Would natural I for college essay paper layout she perfect fine. When.