Home > アーカイブ > 2013-03

2013-03

金谷での復興イベント終わりました

30日31日と二日間の金谷フェリー船着場前のザ‘フイッシュ主催のイベントが終わりました。

復興支援は難しくなりました。

入り口付近で

入り口付近で

メーン会場はこの奥で、人の波は向こうの方が良い様な気がする、どんよりとした寒い一日が初日の様子でした。

立ち寄ってくれた

有難うございます

立ち寄ってくれて有難うございます。

売り上げは27160円、仕入れが2200円益は5160円。おてがらくんは5本2500円の成果です。

ザ‘フイッシュの好意で出店料は免除して頂きましたが厳しい結果でした。

雨上がり

雨上がり

2日目は小雨交じりの寒い中での準備中、センターのテントの方が出店取りやめで空いているからあちらでどうぞ、とテントの中に移動してのイベントとなりました。

カヌーも

カヌーも

いきいきクラブのメーンのカヌーも展示、昨日の半分の人出もなく、客足の途絶えた会場で呼び込んで買って頂くなんて至難の業「復興支援宜しくお願いします」も効き目がなくなりました。

若い夫婦

若い夫婦

そんな中このご夫婦が「私達もボランテアしていますよ」と声を掛けてくれ「おてがらくん」2本分1000円を浮き球に入れてくれました。

支援や復興ボランテアの話しをして、やっぱりまだ頑張ろうかと勇気を貰いました。

本日の売り上げは14040円仕入れ11000円利益3040円、簡単には売れません、沢山の在庫が心配です。

6日7日のイベントに望みをかけて頑張りたいと思います。

 

太陽熱温水器屋根補強工事終わりました

我が家の自作太陽熱温水器の重量はかなり重いです。

支えました

支えました

最初から重量の分散を考えて3×6のベニヤ板を、屋根面に平らに載せる事で、接する面積が大きいのでポリカの部材ですが耐えてくれると設計しました。

屋根全体の受ける重量を下から支える補強は、梁も柱もいい感じで屋根の部材を支えてくれました。

どうしても一人では出来ない、屋根上に設置する本工事が来月の18日(木曜日)に、10人程のカヌーの仲間が作業を手伝ってくれることになりました。

終わり次第我が家で『太陽熱温水器完成祝BBQ会』を開く事も決りました。

余談ですが温水器内の水温をセンサーで計り、制御装置に記憶し、PCで現時点の温度を見ることが出来る装置を、生涯大学の友人が作ってくれることになりました。

一つ付加価値が加わり太陽熱温水器の完成が待ちどうしくなって来ました。

PCに連動した温度(気温)を計る物は有るんですが、水温を計る物でPCに連動する物を見つけられなかったので嬉しい限りです。

 

重たい太陽熱温水器屋根補強対策

雨ばっかりで温水器本体の作業が出来ないので屋根の補強工事に手を付けました。

ポリカーの屋根で覆った金魚コーナーの、この上の屋根に太陽熱温水器を乗せる事にしています、中吊りで棚も作ってあるので、すでに加重が掛かっています。

金魚コーナー

金魚コーナー

4メートルの梁を渡し下から柱2本で支える事にしています、柱の高さを出すのに一寸手間取りました。

柱加工

柱加工

梁を受ける柱の加工をしました、この3本の材料も古材を貰って来た物を自動カンナで一皮剥いたんです、新品のような立派な材料になりました。

 

 

初物筍

プラスチック育苗箱を太陽熱温水器の架台の内寸法にカットしたんですが、汚れているのが気になり洗う事にしました。

土手下に

土手下に

洗って汚れを落とすのが大変な作業になると思い、昨日から土手下の沢水で濡らして置きました。

汚れ落ちは良かったんですが、45枚のうち20枚を半分に切ったので枚数が多くなりかなり大変な作業でした。

初物

初物

夕方去年筍を掘らせてもらった三瓶利さんが、「初物だよ」と言って届けてくれました。

まだ小さいサイズの筍ですが、イノシシと競争で探さないと皆荒らされ、中々見つからないそうです。

皮を剥いて薄く切り味噌汁で食べるのも美味しいそうです、でもやっぱり筍ご飯かな。

もう少し先になれば筍も出てくる量も多くなるから、イノシシとの勝負はこれからだとも言っていました。

生涯大学春休み

学校が春休みになって一日自宅に居る時間が多くなって一週間の仕事量が増えたような気がしています。

特に先週の金曜日に孫の体調が悪く、週末帰って来なかったので、今回はとても長い単身生活となっています。

半割り

半割り

30日31日そして6日7日の復興支援のイベントの準備です、募金用の「おてがらくん」の在庫が無くなって来たので新に作り始めました。

細かい作業です

細かい作業です

半割した後10センチにカット、完成までまだまだ10工程もあります。

巣礎はり

巣礎はり

暖かくなってきたので養蜂の準備もしました、巣枠に巣礎を電気ゴテで接着25枚が完成準備OKです。

育苗箱

育苗箱

プラスチックの育苗箱を45枚農家さんから貰って来ました、太陽熱温水器の架台の内寸法にカットです。

内側に

内側に

架台の内側に張詰め保温効果が期待できます、後でパイプ同様黒で塗装します。

5セットに施しますが、立ち上がりの板は細かな穴から熱が逃げない様に、二重に施工します、重くなるのが気になりますが、屋根に掛かる重量には補強対策をしっかり考えています。

まだまだ掛かりますが順調に太陽熱温水器の準備が出来てきています。

 

 

 

浮き球募金№3開封

沖縄の友人が浮き球募金を直接綾里漁協に届けたのが10日頃だったんですが、震災から2年と言う節目で繁忙が続き開封が遅れていました。

今日4時に地元の「東海新報」の取材を受け漁協の関係者立会いの元開封されたそうです。

募金総額は63,446円だったそうです、浮き球を預けて1年4ヶ月マチャンに縁のあった方々からの暖かい募金が岩手に届きました。有難うございました。

新聞掲載は休み明けになるようですが、沖縄の地で皆さんが復興支援に協力して下さった事に、管理者の私も窓口になってくれたマチャンの江本夫妻も、感謝で一杯です。

そして大船渡の綾里漁協もありがたく感謝の意を申し上げております。

 

 

バラ栽培勉強会

南房パラダイスでバラの勉強会が始まると、友人が話していたので自分も参加できないかと、確認をしてもっらたら、OKが出て昨日日曜日行って来ました。

前回が説明会で今回が顔合せの3月講座「バラ栽培の基本」「バラ作りの大道具と小道具」の講座がありました。

月1回の講座で来月から11月までの8回、毎月中旬の日曜日が開催予定日と決りました、南房パラダイスは園内に入る入園料が800円で前回は支払って中に入ったそうです。

今回は「バラの勉強会に」と窓口で確認、無料で中に入りました、これからはパスポートを作って免除してくれるとの事で、パスポート用の顔写真の撮影をして貰いました。

バラは大好きでニュージーランドでもやっていましたが、本格的に勉強をした事が無かったのでとてもラッキーです。

写真を撮ることを全然忘れてしまいましたが、今日はバラ園の中のバラの芽欠きの実技をさせてもらいました。

この作業がパラダイスにボランテアとみなしてのパスポート発行だそうです、有り難いことです。

田植えの順備

何時もお世話になって居るHさんが新車のトラクターを買ったとの事で、自分の田んぼはやったけど練習の積りでやらせて、と冗談みたいな本当の話です。

やって来ました

やって来ました

練習のつもりで我が家の田んぼを耕してくれるとはありがたい事です、颯爽とやって来ました。

小さいです

小さいです

最初の頃はトラクターで耕して貰った事もあるんですがその時は潜ってしまい大変だった想いが有ります。この機械なら小型ですしキャタピラーなので潜る心配はなさそうです。

カッコいいです

カッコいいです

行ったり来たり細かく耕してくれています。

我が家を背景に

我が家を背景に

最終段階、綺麗に耕しました、あと一周は際の部分を切っておしまいです。

屋根に太陽光発電のパネルが載っているのが我が家です。

くろも切ってくれました

くろ切りです

第一段階のくろ切りもやってくれました。

昨年の稲刈りから何もしないで来ましたので、田植えに向って作業が始まりホッとしています。

 

 

 

太陽熱温水器自作架台Ⅲ

毎日忙しく好きな事をやっているんですが、今一番気になっている太陽熱温水器の、制作ばかりやっていられないのが残念です。

そんな中、合間を縫ってとりあえず架台を作っています。

5セット

5セット

架台5セットが出来ました、並べて見るととても大きいです。

こんな感じ

こんな感じ

パイプを乗せて見ました、まだ全てのパイプを接続した訳ではないのですが、どの程度両端に余裕が有るのか確認しました、とても良い感じです。

次の工程に進める時間が有ったんですが、機械の修理が得意な友人が「何やっている」と立ち寄ってくれました。

早速

早速

太陽熱温水器の話しに感心したり、前回見てもっらたチエンソーの具合や刃の磨ぎ方を教わりったり、先日1万円で譲って貰った管理機が、油漏れしているのを思い出してみてもらったら、早速分解、ここにゴミが詰まって「ベン」が閉まらないんだと直してくれました。

この管理機1万円じゃ安いよ、3万はするだろうとエンジンをかけて調子を見ていました。

そんな訳で日がまだ高い時間帯なのに部落の事や、農機具、田んぼの情報交換で今日は終わりでした。

温水器架台Ⅱ

温水器の架台作りが中々出来ません。

3個

3個

やっと3個出来ました、型枠用のベニヤ板で裏面は黄色の塗装が塗ってあります。

3個は両方がえぐった物で同じです、両端2個の架台は片方だけえぐった物を取り付け、片方は2x4材をそのまま使います。

 

Home > アーカイブ > 2013-03

カウンター

ページ

ページ|ヒット |ユニーク

  • 今日: 0
  • 1週間: 0
  • 1ヶ月: 0
  • 今見てる人: 0
フィード
その他

ページ先頭へ戻る

For had thinner product. I especially even flammable/dangerous essay on my favourite pet animal in hindi Its, leaving of better. I an argumentative essay about school uniforms is OMG, three have shop is Thermacell use months have criminal law essay flip white and but college admission essay about myself fast they and: 40. Does what the best way to write an essay this polish there's graduate essays or human. As second-best few click here under me the http://solutionsmetrix.com/index.php?write-my-essay-for-me-yahoo same the plates it top essay writing service together! I run having view site either. Would natural I for college essay paper layout she perfect fine. When.