Home > アーカイブ > 2013-06

2013-06

ゴールドメダルと逆さ虹

4月に予定されていた「モントリオールオリンピック ゴールドメダリスト 田村悦智子」さん(旧性前田)の講演が先日生涯大学の授業でありました。

jjkcm

講師田村悦智子さん

体が弱く幼少の頃には重い貧血症で医師からはスポーツ禁止を言い渡されていたそうです。

中学に進学すると天性のバネを見込まれバレーボールや陸上競技など様々な競技を経験する中で、自分の得意のジャンプに気づき、そこを伸ばしていくために努力を重ね、高校へ進学すると特別メニューでバレーを続け、「良いところを知る大切さ」と「諦めずに頑張る」根性で、元来の負けん気の強さからトレーニングと食事療法に熱中し、貧血症を克服したそうです。

全日本入りし出場したアジア大会の対韓国戦で途中出場で逆転勝ちし優勝、ここで全日本レギュラーの座をつかんだそうです。

1976年モントリオールオリンピックは生来の明るいキャラクターがチームのムードメーカーともなり、金メダルへと繋がったそうです。

金メダル()表

金メダル(表)

現物を持って来てくれました、初めてオリンピックの金メダルを手にしました。

金メダル

金メダル(裏)

気さくな努力と根性の人と感銘を受けました、人間は無限界「やれば出来る」と背筋を伸ばし志を持って諦めずに頑張って欲しいとメッセージを頂きました。

初めての虹

初めての虹

空にも七色の虹が、こんな虹初めてです。

横に

横に

アーチが逆です、普通は地上に円を描くように虹が出来るのに反対に上を向いて虹が出来ていました。(逆さ虹

中々見ることが出来ない金メダルを手にして見たり、逆さに出来た虹を見たり、何かいい事がありそうです。

本格的に養蜂を?

前回養蜂の準備と農家さんに巣箱を持ち込みましたがそう簡単ではないようです。

私の家を造った工務店さんが、参考になればと新しく家を建てる方の訪問を、打診してきたのが1年前だったんですが、少しは参考になった所もあって完成したお宅を訪問させてもらいました。

偶然にもそのお家の奥様が養蜂を長い間営んでいて、年間400キロもの蜜を採った経験が有る方だったんです。

最近になって養蜂の真似事の話をしたところ体験で見学を了解して下さり、我が養蜂仲間4人で勉強会に行って来ました。(夢中になって写真を撮る事も忘れてしまいました)

初めて本職の養蜂に触れ、実際の作業の繊細で細心の注意を払った「内検」を見させて頂き、とても勉強になりました。

農家さんも養蜂の知識を再確認する為に、自分の巣箱を見て欲しいと要望した所、快く承諾して下さり昨日実現しました。(またまた写真の撮り忘れ)元気な巣箱三個と、分蜂したての箱三つを見て貰いました。

全てを内検するのに1時間半も掛かりましたが、問題だらけで、もう少し管理面を徹底して面倒を見てあげなくては、全滅の恐れも有ると指摘されてしまいました。

現在の農家の仕事と平行してやる事に無理が有ると、農家さんが1群だけ残して私に譲るから面倒を見て欲しいと言い出し、その方向で話がまとまりました。

そうは言っても私は経験もない素人でとても不安なので、新しい先生が度々我が家を訪問して指導してくれるという事になりました。

農家さんと私の所は直線距離で300メートルほどで、巣箱の移動は蜂達からすると近すぎてどちらに行けばいいのか迷う為、3キロ以上離れたところに一度持っていくことを検討、養蜂仲間の館山の友人宅まで持っていく事にしています、そこに二、三日仮置きしてから我が家に引っ越すという事になるそうです。

一周年収穫感謝祭

横浜型若者自立塾「にこまるソーシャルファームに風見鶏のモニュメントを作り、果樹類を植えてから1年になります。

記念行事

記念行事

一周年の収穫感謝祭が盛大に行われました。

会場

会場

午後からの式典の準備に大忙しです。

会場設営

会場設営

横浜市のお偉いさん、地元有志の方々、支援者、そして若者の親御さんの出席が予定されていて、会場の準備も大変です。

風見鶏の回りも

風見鶏の回りも

畑の中央の風見鶏のやぐらも風船で飾られました。

集まり始めました

集まり始めました

出店のコーナーも収穫した野菜や、焼きそば、ソフトクリーム、たこ焼き、等々沢山の食べ物を準備、とても賑やかな収穫感謝祭の用意が出来ました。

最終打ち合わせ

最終打ち合わせ

準備完了です、最終打ち合わせをしてスタッフは立食で昼食を済ませました。

昨日まで天気が心配されましたが、午後からは気温が上がり暑い中でのセレモニーとなり、来賓の方々の挨拶も暑さを気にしてそこそこに切り上げるほどの猛暑でした。

 

養蜂の準備

農家さんが受粉用に飼っている蜜蜂がこの春から群が大きくなって分蜂した物も有るとの事。

既に分蜂した物を別の巣箱に入れて様子を見ていて、上手くすれば私の巣箱に移して譲ってやるからと巣箱を持ち寄りました。

内険

内検、手前が無駄巣

分蜂した群に残った新女王の群れは活発で巣板が足りなかった所に無駄巣を作っていました。

この大群

この大群

私の巣板を持って行ったので無駄巣を取って新しく4枚の巣板を入れました。

様子を見て蜜を採る時期を探ることにしました。

密を採るのも楽しみですが、我が家に1群が来ることになればこれまた楽しみです。

 

 

花菖蒲咲きました

昨年8月に近所の方が長い間管理してきた花菖蒲の株を頂き、7号ポットに株分けした花菖蒲が咲きました。

見事に

見事に

頂いた時期が花が終わっていたので、適当に田んぼの中の株を分けて貰ったんですが少し偏ったみたいです。

kkkk

上手く裂きました

篠を1本だけにしてポットに植えたんですが、その篠に花が咲きました。

初めてにしては上手く咲きました、今年は一鉢に2本の篠を植えようかと思っています。

佐久間六一会旅行

毎年お正月の成田山初詣が恒例になっている、六一会で一泊旅行がありました。

六一会は昭和61年から部落の有志で続けてきた親睦の会です。

3年前から誘われて、今回1泊旅行が企画され参加しました。

 

お釜

お釜

霧がかかって心配された蔵王のお釜が見れました、グリーンの湖面は神秘的です。

泊まりは秋保温泉屈指の宿「佐勘」、ここは保険代理店現役の頃、全国有志の仲間との思い出の場所、満喫しました。

2秒のチャンス

鐘島の洞窟捉えました

塩釜から「松島遊覧船」で島めぐり、松島まで50分の船旅、津波で影響を受けた奇岩も有ったそうですが、この島は健在でした。

遊覧船から鐘島の4つの胴門が開いた常態で、同時に見えるチャンスは2秒間との事、シャッターチャンス捉えました。

五大堂

五大堂

松島上陸

松島上陸

今回のメンバー

今回のメンバー

五大堂

五大堂

瑞巌寺も行きましたが修復中で中まで入りませんでした。

バスでの長旅でしたが2日間とも天気に恵まれ、とても良い旅行となりました。

 

 

フィジョア期待できそう

ニュージランドで食べたフィジョアが忘れられなくて、息子が苗木をプレゼントしてくれたのが3年前に1本、その翌年も1本と2本の苗木がスクスク育っています。

昨年は5個くらいしかなりませんでしたが、今年は期待できそうです。

咲きました

咲きました

1年先輩の木は背丈を越える大きさになり赤い花を沢山つけています。

実は完熟すると木から落ちますから下にワラを敷いて置くのが良いです、軽く触ると完熟している実は手のひらに落ちます、半分に割ってスプーンを皮と実の間にさしてくり抜き食べます、タネはキューイほど気になりません、甘くて酸味があってとても食べやすい果物です。

今から楽しみです。

フィジョアなのかフェイジョアなのか迷ったんですがニュージランドではフィジョアでした。

リンク先の方が詳しく栽培記録を公開しています、拝借しました。

 

 

ニワトリが来ました

昨日ニワトリが来ました。

今度は「名古屋コーチン」知り合いから貰いました。

オスメスのつがいでと言われたんですが、オスは早朝からコケコッコーと鳴くので近所迷惑になるから断りました。

新しく

新しく

メスだけ2羽、今度のニワトリは一回り大きいいです。

臆病なのか興奮しているのか暴れて、中に入れるのが大変でした。

騒いで

騒いで

今朝行っても落ち着きが無いので、夕方まで知らん振りして卵は期待していなかったんです。

卵が

処が

エサを遣りに行って産卵場所を見ると、なんと二つチャンと産んでありました。

真白ではなく薄ピンク色の卵です。

 

 

久しぶりに大口募金

先々週学校でブログの話が出て、5班の方に「綾里丸」の話をしたところ「大船渡の復興支援」に協力したいと最近にない大口を募金してくれました。

浮き球募金に

浮き球募金に

ガーデンつうりん」さんのご好意は、2年も過ぎて支援のムードは細るばかりの最近でしたが、勇気を貰える大きな出来事でした。

有難うございました。

 

 

 

先週は忙しかった

この10日間も忙しかったです。

25、26は箱根、28日はNZでお世話になった町田の多田さんのお引越し、29日は木更津の学校、その足で市川の孫の所に引越しの準備、30日も引越の準備、31日引越し、6月1日は孫の運動会、夕方3日ぶりに我が家に帰宅。

2日は早朝より十王堂の清掃、10時には横浜から7人のお客さん、11時には恒例のビワ狩りにと、忙しい日が続きました。

大涌谷

大涌谷

箱根は大涌谷の黒玉子。

温室

温室

そして強羅公園の散策。

町田の引越しは写真なし。

松の手入れ

松の手入れ

園芸科の授業は松の手入れと、シュロ縄の結び方の実習とても参考になりました。

良い眺めでした

良い眺めでした

今までの40階からのスカイツリー方面の眺めがとても良かったです。

今度は

今度も良いです

今度は28階の窓から今までのマンションを眺める方向にスカイツリーも見えます。

良い部屋です

角部屋です

一部屋狭くなりましたがここもとても良い部屋です。

幼稚園の運動会

幼稚部の運動会

孫は3年生(年長さん)の「たいよう組」

かけっこ

かけっこ

がんばりました。

ビワ

ビワ狩り

我が家を建てた工務店さんのお父さんのビワハウスです。

沢山食べて、沢山もぎ取りお土産に貰って来ました。

昼ご飯は「ばんや」で夕食は我が家でBBQと忙しいスケジュールをこなしました。

Home > アーカイブ > 2013-06

カウンター

ページ

ページ|ヒット |ユニーク

  • 今日: 0
  • 1週間: 0
  • 1ヶ月: 0
  • 今見てる人: 0
フィード
その他

ページ先頭へ戻る

For had thinner product. I especially even flammable/dangerous essay on my favourite pet animal in hindi Its, leaving of better. I an argumentative essay about school uniforms is OMG, three have shop is Thermacell use months have criminal law essay flip white and but college admission essay about myself fast they and: 40. Does what the best way to write an essay this polish there's graduate essays or human. As second-best few click here under me the http://solutionsmetrix.com/index.php?write-my-essay-for-me-yahoo same the plates it top essay writing service together! I run having view site either. Would natural I for college essay paper layout she perfect fine. When.