Home > アーカイブ > 2014-02

2014-02

露天風呂配水管

水道屋さんに頼んであった露天風呂の排水管の工事に来てくれました。

コンクリートはつり

コンクリートはつり

今までのドレンの処を壊してサイズを大きくする事と、新にもう一本立ち上げる為にコンクリートをはつり穴を掘ります。

配管

配管 

追加の一本は露天風呂からの排水管です、これを利用して私の一工夫凝らした装置を取り付ける予定です。

こんな感じ

こんな感じ

配管が込み入りましたが、地上部に二本のパイプが立ち上がりました、右側が今までのドレン、左側が露天風呂からの配水管です。

土を戻して

土を戻して

埋め戻して今日はここまで、次はコンクリートを打ってドレンを仕上げ、露天の方はまだ一工夫の配管が待っています。

この作業が終わればいよいよ露天の石積みの番です、遅くも夏場までの完成を目指します。

 

竹炭作り

先日竹灯篭まつりで販売する竹炭を焼きました。

横浜で竹炭を焼く体験を逃した事があって今回が始めての体験です。

釜に竹を

釜に竹を

ドラム缶を横に伏せた二つ釜に、竹灯篭作りの祭にでた大き目の端材を詰込みました。

火口を作る

焚口を作る

火口をセット焚口の準備をします。

土を運搬

土を運搬

ドラム缶の上に土を被せ保温材とする為土を運びました、燃料とする竹灯篭の端材の山、無駄がありません。

両方に火が点きました

両方に火が点きました

9時半に両方の釜に火が入りました、。

煙

煙が

独特な臭いが煙とともに立ち込めました、煙の色を見たり、温度を見て90度まで上げるのに焚口に向けてドライヤーで風を送り続けること4時間、安定した白い煙を見て「良いでしょう」と合図。

焚口封印

焚口封鎖

焚口を泥とブロックで封鎖、空気を遮断して余熱で焼き上げるそうです。

封鎖完了

封鎖完了

焚口を完全封鎖、煙突も取り外し空気が入らない様に泥で固め終わったのが2時、この状態で明日の朝9時まで放置、出来栄えは開けて見るまで分からないそうです。

 

さくら路と竹灯篭まつり

閉校式開催中に保田川沿いの散策道「さくら路」の案内看板の取り付けの作業をしました。

案内板

案内板

保健福祉総合センターすこやか駐車場から20箇所余り要所要所に矢印看板を取り付けました。

電柱に

電柱に

有る時は電柱に又欄干に。

さくらに

さくらに

有る時は桜に、そしてガードレールにガードパイプ、単独で杭を打ってと多彩に看板を取り付けました。

ちらほらと

ちらほらと

頼朝桜(川津桜)はちらほらと咲き始めました、3月8日にはどうなっている事やら、桜が残っていることを願うばかりです。

このさくら路の一角が竹灯篭の会場と成ります。

設営準備は前日から始まり、当日は9時から作業開始、イベントは3時30分から「竹けん玉大会」

4時「開会式」、5時「みんなで点灯式」と続き8時までの長丁場、天気も心配ですが、風も困ります2000個に及ぶロウソクの灯に影響が有るからです。

消えたら着ける、消えたら着けるを繰り返すそうです、これが中々大変のようです。

 

 

保田小学校閉校式

保田小学校が今年度で閉校するに付いて今日「閉校式」が執り行われました。

竹灯篭クラブの面々は、保田小学校の卒業生が多く、式典の会場に竹灯篭を飾り、華を添えることに成っていました。

準備

積荷の準備

作業場の前から私の軽トラに乗せる作品は、この日の為に作った物が主役、8日の竹灯篭まつりにも飾る物です。

保田小

保田小

準備の整った会場に搬入です。

壁側に

壁側に

色とりどりの竹灯篭8本を飾りました。

反対側

反対側

文字や絵柄はドリルで穴が開けられ、節間の裏に大きな穴が開けられ、そこからロウソクを入れ灯りが漏れ出て文字や絵柄が浮き出るように見えます。

細かな細工が確認出来ないのが残念ですが、どれも中々の出来栄えです。

会場では演出で10分間照明を落としてくれるそうです。

会場内

会場内

準備が整った会場は、来客来賓を待つばかり、私は時間の都合で式典時間は外仕事が入っています。

 

パドル

切り出した端材で、丸棒を先行させる事にしました。

中央部分

中央部分

真中で長さ調整する丸棒は3本形成します。

んmdじぇじ

成型済み

3枚にそぎ落とした水かき部分を、カンナで削り厚さを整え、サンドペーパーで仕上げ、一本目のパドルの成型が終わりました。

左右のジョイント部品(金具)が手元に届いていないので、未だ完成ではありませんが、最後の難問真っ直ぐにジョイント出来るか心配です。

 

竹灯篭まつり

夕べ竹灯篭(正式名保田川頼朝桜の里づくり実行員会)2月の定例会が有りました。

3月8日の第7回竹灯篭まつりの実施について、50項目にも及ぶ詳細な確認、準備と手配は当日の前後3日間の手順打ち合わせがありました。

外側から見る祭りと、中に入っての祭りの実行準備はいかに大変か会議の中で実感しました。

7日は町の会議の予定と、9日は金銅寺の御開帳とかち合い、8日の当日しか参加できませんが精一杯頑張るつもりです。

感動の日

今日は生涯大学の登校日です。

60人からの同級生で6班以外の方で、何故か親しくして下さったMさんが、今月初めにご主人とお友達2人で我が家に立ち寄ってくれました。

先週の水曜日に、今度は私がMさんのお宅を訪問させて頂きました。

もっと早く訪問しておけば良かった、ご主人の木工技術の素晴らしい事、高級家具を趣味で作っていました。

工作機械の豊富な事、工夫された自前の冶具の多い事、出来上がった椅子、テーブル、箱物、どれをとってもプロ級の出来栄え、趣味で是だけの作品を作った人に出会ったのは始めてビックリ仰天でした。

今までの技術の習得は「上総木工交流会」の長年のメンバーで、冶具の発案者として一目置かれる方だったんです。

木工関係のDVD5枚も貸してくれました。

この事をどの様に紹介しようかと思案していた所、今日学校でMさんが「これをお願い」と差し出した封筒は「浮き玉募金にして下さい」と記されていました。

忘れかけていた復興支援の浮き球募金にと、3万円もの大金が入っていました。

余りの大金に驚き「これは多すぎます」と辞退を致しましたが「貴方に上げたんじゃない」「復興に役立てて」と託されました。

以前にも浮き球募金にと託され、これが2度目の大口募金です。

今回は直接大船渡に送金しょうと思います。

被災された方達に「これだけ思っていてくれる人がいる」その事を早く知らせてあげたいです。

有り難く感謝し、久し振りに感動を頂きました、本当に有難うございました。

カヌーパドル

彼女達のカヌー製作が順調に進み完成すれば、3月半ば頃に進水式を予定しているようです。

私もパドル製作に取り掛かっています。

杉板

杉板

無節の赤身の杉板を取り寄せました、よく乾いていて最高の材料です。

パドルの形に

パドルの形に

パドルの形にジグソーで切り落としました。

セット

セット

この変形で旋盤にセット、ウエートバランスが悪いのでブレブレ、回転するのが怖かったです。

何とか

何とか

握りの部分を何とか丸く加工することが出来まいた。

こぶ

こぶ

どうしても一本物で水切りのこぶを作りたくて、こんな危険な工程になってしまいました。

旋盤の長さが1メートルしかないので、両端と真中の3本を接続する構造で2メートル40に仕上げるつもりです。

縦引き

縦引き

水かきの部分を薄い板状にする為、両端をそぎ落としました。

 

右左

両面落し

まだまだですが少しパドルの感じが出てきました、取り合えづ1セット作って見ます。

良しとなればもう1本、そして自分の物も作っておきたいと思っています。

 

 

午年御開帳の準備

安房の国札34ヵ所観音霊場の一つ、第11番札所として金銅寺があります。

この佐久間地区の住民で、金銅寺と十王堂そして氏神様として日枝神社の維持管理をしています。

3月10日からの御開帳は、巡礼の方達にお茶の接待をします。

台所らしき場所を仮設で作る声が掛かりました。

材料取り出し

材料取り出し

縁の下に保管してあった仮設小屋の材料を運び出しました。

穴掘り

穴掘り

所定の場所に柱の穴を掘り作業は順調です。

 

格好が付いて来ました

格好が付いて来ました

急ピッチで柱が立ち梁を乗せ、屋根を噴きどんどん出来てきます。

回りも

回りも

6人の代表、世話人長が工務店の棟梁、順調にはかどる訳です。

記念写真

記念写真

午後からは区長さん、代理さん、会計さんの3役が手伝いに来ました。

夕方まで掛かりましたがガス、水道、電気と台所の準備が整いました。

村の結束は凄いです、新住民としては驚くばかりです。

 

 

 

 

竹灯篭まつり

鋸南の保田川沿いで第7回竹灯篭まつりが開催されます。

5回から竹の切り出しのお手伝いをしていたんですが、今回から正式に「会員に」とのお話があり参加する事になりました。

開催日が3月8日、灯篭の準備が始まりました。

作業場で

作業場で

20人ばかりの会員ですが毎週土日の午前中が竹灯篭の製作日です。

下書き

下書き

竹にフリーハンドで下書き、デザインされた下書きに沿ってドリルで穴を開けていきます。

 

もくもくと

もくもくと

イメージに沿った連結の穴を開けていきます。

手掛けた作品

手掛けた作品

私が最初に手掛けた作品です、穴のサイズはデザインした方のアドバイスを受けながら取り掛かっています。

ノルマは3本、1本の竹灯篭に大小200から300の穴を開け、中にロウソクの灯りを灯せば幻想的に夜桜を楽しめます。

ポスター

ポスター

2000個の灯りの他、沢山のイベントが用意されています、是非遊びに来て下さい。

 

 

Home > アーカイブ > 2014-02

カウンター

ページ

ページ|ヒット |ユニーク

  • 今日: 0
  • 1週間: 0
  • 1ヶ月: 0
  • 今見てる人: 0
フィード
その他

ページ先頭へ戻る

For had thinner product. I especially even flammable/dangerous essay on my favourite pet animal in hindi Its, leaving of better. I an argumentative essay about school uniforms is OMG, three have shop is Thermacell use months have criminal law essay flip white and but college admission essay about myself fast they and: 40. Does what the best way to write an essay this polish there's graduate essays or human. As second-best few click here under me the http://solutionsmetrix.com/index.php?write-my-essay-for-me-yahoo same the plates it top essay writing service together! I run having view site either. Would natural I for college essay paper layout she perfect fine. When.