Home > アーカイブ > 2016-04

2016-04

田植えの準備

遅くなっていたんですが田植えの準備をしました。

かき上げ

クロのかき上げ

何から何まで機械を頼んで田ごしらえをしていますが、この作業だけは手作業で遣っています。

クロ塗りをする前に泥をかき上げました、これは大変な作業です。

クロ塗り

クロ塗り

かき上げた泥を鍬で成型して水漏れがしないようにします、今は機械でクロも塗れますが何からかにまで人任でお米を作っているのは虫が良しぎるので、せめてこの作業だけは自分の手でと思い毎年頑張っています。

水漏れ

水漏れ

大きな水漏れの穴を見つけました。

毎年この辺りから水が漏れていたんですが元凶を見つけました。

周りを深く掘って穴を埋め戻しました、これで今年は水の管理が上手く行くと思います。

田植えは5月の5日の予定です。

代かきは1週間前にとお願いしてあります。

 

 

フジが今年も咲きました

綺麗に今年もフジが咲きました。

鮮やか

鮮やか

房は余り長くは無いですが沢山の花をつけてくれました。

紫色がとても綺麗です。

ブドウ棚が出来ました

ブドウ棚を作り直すことにしたのが3月末。

木製で6年、ぐらついて来て今年の台風時期には倒れてしまいそうなので、取り掛かったんですが中々はかどらずにやっと完成にこぎつけました。

作り直し

作り直し

木部は取り壊して今度は単管で組み立て幅も少し広げます。

んjh

構造も中々の物です。

木部を壊すのに大分時間がかかりました、中々上手い構造になっています、掘って見ると柱の部分が腐っていました。

mmjf

幹も太くなりました

受けの幅を広げて、ここは木製です。剪定の時ここから顔を覗かせると作業が楽です。

すっきり

すっきり

単管の枠が目立ちすぎて冷たい感じがするので目隠しをしました。枠を利用して今回はビニールハウスのパイプで雨除けの屋根を付けました。

kkkk

ビニールはまだ

長さも2メートルほど長くしましたが・・・・・・写っていませんでした。

大きなブドウの収穫が楽しみです。

鯉幟が揚がりました

孟宗竹の切り出しを先日友人達に手伝って貰い何とか自宅まで運んでありました。

太い孟宗竹を20メートルの長さに切って、岩手の実家で立てていた鯉幟の柱の代用にするつもりです。

正式には杉の間伐材の柱を立てるのが本当でしょうが、手に入りやすい孟宗竹にしました。

運んでから一週間以上も経ってしまいました、20メートルの孟宗竹を安全に立てる方法がイメージ出来なくて、後回しになっていました。

工房の前に

工房の前に

思考錯誤の上、軽トラを使って何とか立てるイメージが出来たので取り掛かりました。

超大変でしたがイメージ通りに立てることが出来ました。

んんb

工房のてっぺんで

バラの蕾が膨らんできた工房の真中に上手く立てられました、今年は遅くなりましたが経験出来ましたので、ここを鯉幟の定位置と決め毎年立てたいと思います。

こんな感じ

こんな感じ

柱に滑車を取り付けて旗竿を上下させる遣り方です、この辺の遣り方とは少し違い田舎の鯉幟の趣がよみがえりました。

屋根より

屋根より

鯉幟の歌の「屋根より高いこいのぼり」が実現しました。

孫はまだ見ていません、ゴールデンウィークの連休には来る予定です。

ニュージーランドに行って来ました

6年ぶりにNZに行って来ました。

今回は友人がオークランドの自宅を売却したので、引越し荷物の整理と持ち帰りの荷物を運ぶお手伝いを兼ねて同行する事にしました。

12日から28日まで16日間友人の家族3人と私達夫婦の5人です。

一週間は北島で引越しのお手伝い、引き渡すお家の裏に大きなウットデッキを作ったのが今も健在で、今度の住民さんも気に入ってくれている事が嬉しかったです。

ウットデッキ

ウットデッキ 1

うっとでっき2

ウットデッキ 2

以前住んでいたワンガパーラーのご近所さんに合いに行きました。とても歓迎してくれて懐かしい時間を過ごす事ができました。

お隣さん1

お隣さん1

奥さんは出掛けて留守でしたが、お孫さんがとてもなついてくれました。

鉢植えで

お隣さん2

鉢植えで差し上げた「竹」を地植えにして、綺麗にカットして大事にしていると懐かしんでくれました。

以前の滞在中にオレワの友人宅に作った循環型の池も見て来ましたが、人に貸して有るので中に入ることができませでした。

懐かしい池

懐かしい池

折角の循環なのに水は循環していませんでした。

お友達のHさん宅の大きなウサギ小屋など、良くこんな大掛かりな物を作ったものだと懐かしく見て来ました。

今も健在

今も健在

後半は南島に移動クライストチャーチの地震後の街を見て歩きました。

街

街の様子 1 大きな街だったのに

まち2

街の様子 2 ホテルから

街3

街の様子 3 煉瓦の建物

街4

街の様子 4 歩道が封鎖

街5

街の様子 5 そのままのビル

kkj

街の様子 6 空き地に芝種を

jhgf

街の様子 7 壁面倒壊防止コンテナ

5年経った現在復興が進んでいないと実感しました。観光の街だったクライストチャーチが空き地だらけの寂しい街並みが広がって、活気も元気も感じられない残念な光景でした。

ホテルの従業員さんが「あと10年もすれば良くなる」と話していましたが復興の足並みは日本よりゆっくりのようです。

シンボルの大聖堂は

チャーチ1

大聖堂 1

チャーチ2

大聖堂 2

チャーチ3

大聖堂 3

声も出ません。

現在の大聖堂は日本人の板茂さんの紙のパイプで作った建物が、ひと際高く目立ち、輝いて見えました。

え

新聖堂 1

d

新聖堂 2

dd

新聖堂 3

vv

新聖堂 4

日本人の方が協力して作ったこの建物が紙で出来ているとは、そしてこの大きさにびっくりです。

まだまだ観光の写真が沢山ありますが長くなりましたので、この位で今回は終わりにします。

思い出のニュージランドで北島で200キロ南島で600キロのドライブを楽しんで来ました。

 

 

 

 

Home > アーカイブ > 2016-04

カウンター

ページ

ページ|ヒット |ユニーク

  • 今日: 0
  • 1週間: 0
  • 1ヶ月: 0
  • 今見てる人: 0
フィード
その他

ページ先頭へ戻る

For had thinner product. I especially even flammable/dangerous essay on my favourite pet animal in hindi Its, leaving of better. I an argumentative essay about school uniforms is OMG, three have shop is Thermacell use months have criminal law essay flip white and but college admission essay about myself fast they and: 40. Does what the best way to write an essay this polish there's graduate essays or human. As second-best few click here under me the http://solutionsmetrix.com/index.php?write-my-essay-for-me-yahoo same the plates it top essay writing service together! I run having view site either. Would natural I for college essay paper layout she perfect fine. When.